技術講習 第二日


先ほどの投稿が画像だけリンクが外れてしまったので、リタイプ、リリンクしました。

2017.Jan.29th. 現地時間
昨日の講習でなぜか筋肉痛になった私ですが、本日午前中に四段、五段の講習に出席させていただきました。

宿泊+食事で休息&充電完了している筈ですが…。ハッ(@_@)…。これがいわゆる、「トシ」という奴ですか?名前の割に結構慌ただしくやって来るものですね。「ロウカ」…。

第一日目とは場所を変え、モーニングスター師範の道場で昨日からの続きを受けます。自分でも疑問に感じているところが在るので、頭をリセットしてすんなり受け付けてみます。が、いざ躰を動かすと、思いの外いうことを利かないものです。体育学で「間違った練習(学習)を続けると染み付いた古い動きを抜くのに時間が掛かる」という講義を聴いたこと在りますが、まさかのまさか、それが今の自分です。何とか脳みそを完全にリセットさせなければ!

それにしても、この躰の節々の痛みは、やはり「ロウカ」という奴でしょうか?昨晩は乳酸抜きに軽く動いて、大腿部、下腿部、体幹周りを伸ばしといたのですが…。

さて、画像の解説をしていきましょう。一枚目、モーニングスター師範の道場入り口になります。通りに面した看板とは打って変わった質素な入り口です。同じく通りに面した窓は別の店舗の物です。昼間訪れると、看板と窓のミスマッチが楽しめるということで、地域住民に親しまれているとかいないとか?…。

二枚目、入り口を入り、受付やその他諸々を抜けた先に広がる空間が道場であります。

三枚目、第一日(番外)に名前だけ登場したSenior Chaviel 師範(撮影、左)、サットン師範(中央)、そして私の講習後の一枚。

技術講習 第一日 (番外)


番外とするのはとても失礼なお話なのですが、この日、そして前日とスペイン語の通訳を担当されていたMr. Plaja 師範(右からお二人目)と私の右隣に立つ女性はITF-NIPPONからお預かりした報告を奏上申し上げる際に英訳をしてくださったMis. Hatsue Tanaka 四段であります。撮影はアルゼンチンよりお越しのSenior Chaviel 五段によるものです。 Senior Chaviel 、撮影ありがとうございます。 Mr.Plaja 師範 Mis.Tanaka 四段のお二人は翌日の昇段審査に臨み、見事合格なさったと聴き及んでおります。この場をお借りしてお祝い申し上げます。お二人とも昇段おめでとうございます。

私が手にしているのは、李・キハ師聖の特大ポスターであります。英国ロンドンは、たぶんビッグ・ベン裏の公園でくつろぐ英国女性の頭上を跳び越える若き頃の李師聖の勇姿を撮影されたものです。ぇ?何でロンドンのビッグ・ベン裏だって判る?そりゃ、往ったこと在りますから…。

2017年1月28日
技術講習第一日目を終えて

技術講習 第一日


カナダはトロントに到着して三日目。本日から2日間で24の型を見直す。午前8時半から始動し、この日一日で三段の型までをカバーする。
準備運動から約束組手、部位鍛錬を含めるから結構なボリュームだ。

一口に三段までの型と言っても一般の人には、どのくらいの量になるのか解らないだろう。簡単に文字と数字だけで書き出すと次の通りとなる。

チョンヂ(天地)~チェヨン(崔ヨン)まで18の型の総動作数は… 19+21+24+28+38+32+37+29+30+39+36+44+45+52+45+33+68+46=666

動作数としたのは動作定義の形態上、演武の際に数える一つのカウントでは二つ、三つ…(この中では最大七つ)と動作が含まれることがあり、一つ一つをカウントしない。ここでの講習はまず型を演武し、そこから一つ一つ号令を入れて確認していく。一つ一つの中から気になる部分や誤解されやすい動作を拾い上げて補修が入る。これに300動作くらいはプラスされる。最後に仕上げとして再び無号令でそれぞれを演武を行うため、三段になるとこの日一日で2300近い動作の反復を行うことになる。実際に活動を始めたのが10時頃。12時半から13時半までが昼食休み。14時頃に再開して、16時頃まで続け、両師聖から参加者全員に対して講評をいただいから、四時間通して575動作は少ない方だろうか?

普段の自分の練習と比べると…一時間平均で532と2/3動作(日によって若干異なっているだろう)。準備運動などは含めていないので普段の型マラソンより強度の高いものを午前と午後に二回行っていると考えれば良さそうだ。

始動前に「何で12時から始めないんだ?」と毒つく人も居たが、そんな毒つく人のことなどどうでも良い。大事なことは、何時始めようとも、終わらせることが出来れば良いだけのことだろ?
今回は終わらせるためには12時からでは間に合わないと判断してのことだと考えられればそれでよい。実際終わらなかったと思うよ。

さて、時間前に集まりだした有段者の中には、顔見知りが居たりして旧知を温めるには意外と時間はかからなかった。同時に彼らを介して新しき友を知り得るという機会を得る。大きな集まりに参加するだけで、こういう機会に恵まれる。それだけで十分に有り難い。また、翌日昇段審査を控えているメンバーも居たりする。本日の講習が役立つことと、審査の無事を祈る。

私は単身乗り込んだため、自分の代わりに画像を撮り貯めてくれる人を持ち合わせていないという体たらくだ。つくづく思います。「彼女が欲しい!

画像は技術講習開始前の物。解説は不要ですね。

謹賀新年


出遅れましたが、明けましておめでとうございます。

皆様そろって良いお年をお迎えのことと存知、お慶び申し上げます。

新年の活動は本日8日から始めます。

お足元悪く、出歩きたくない天候ではございますが、年の始めの稽古。このたった一度の稽古に皆様の今年のありようがはっきり見えてくるものと存じております。

それでは、道場にて皆様をお待ち申し上げております。

11月活動予定


みなさんこんにちは。

うっかり10月の活動日程を上げることなく活動してしまいましたが、問題なく活動できたことに感謝します。今月はもう一回活動がありますので、忘れずにご参加ください。ちょうどハロウィン真っ盛りの日曜ですので、面くらい被って練習してみましょうか?視界や視野が狭まると急激に活動能力が低下しますが、これに馴れることこそが護身の基本です。

禅問答になりそうですが、護身術を教えますなどと言いますと、『板の間じゃ痛い』とか変な発言が返ってきます。あなたの生活圏に在る路上は板の間より柔らかいんですか?同じように木の柱は鉄骨やコンクリート柱より硬いのですか?あなたは目覚めて1日を終えて眠るまで絨毯の上でお過ごしになるのですか?

さて、くだらない問答はこの辺で終えて11月の活動予定です。

6日、13日、20日、27日

この4回でお送りします。27日は関西方面で試合があり、そちらの審判を頼まれる可能性があります。3回に減ってしまうかもしれませんが、それでも4回のつもりでいていただける有難いです。

–  –  –  E  –  N  –  G  –  L  –  I  –  S  –  H  –  –  –

Hi guys,

Sorry for not uploaded October’s schedule. I am totally out of mind. Forgive me. By the way, we have one more time to train in this month. And that day (30th Oct) is crushed with Halloween… Do you wish to train with wearing mask? Or dressed? Fine go ahead. Sometime we have to have bouts in different environments. And we have to adapt that. It is a part of self defense.

In Japan, when I had a self defense lecture on the wooden floor. Some of students says “Floor its hard”. I could not imagine how wooden floor is harder than a street (compressed asphalt road).

Training Schedule for Nov, 2016

6th, 13th, 20th, and 27th

At 27th, may have an offer from Kansai areas tournament. So maybe we have 3 training.

大会告知


こんにちは。
お元気にお過ごしのことと存じます。
さて、このたびは第13回町田市テコンドー選手権大会のお知らせと、合わせて開催されます第2回東京都オープンテコンドー選手権大会の告知と、大会要項申し込み書の添付を行わせていただきます。
2020年に開催される東京五輪に向けてITF,WTFともに同じ目標を目指そうという試みでもあるので、腕に覚えのある方、ぜひ参加してしてみてはいかがでしょうか?

第13回町田市テコンドー選手権大会、第2回東京都オープンテコンドー選手権大会 大会要項

第13回町田市テコンドー選手権大会、第2回東京オープンテコンドー選手権大会 申し込み用紙

for English users

2016年9月二回目


こんにちは。こんばんは。そしておはようございます。

English users jump into next page from the bottom button

早め、早めに知らせているつもりが、何かの拍子にずれてしまっていることが在り、反省に至るこの頃です。

さて、残暑も厳しいこの頃ですが、来年春開催予定であった全日本テコンドー選手権大会の会場と、日時が決定しましたことをお知らせいたします。

開催日時: 2017年3月31日(金)

会場: 町田総合体育館メインアリーナ

金曜開催となりますが、学生さんたちは春季休業中であろうということから開催に踏み切ったようです。社会人も何とか休みを取り付けて出場、参加願いたく存じます。

大会要項など、選手に必要なものは準備ができ次第、配布させていただきます。まずは、自身の準備を優先させましょう。

それでは、7か月後の大会に備えて

レッツ、テコン!

続きを読む

2016年9月一回目


池上本門寺にて開催されている、Slow Live に後ろ髪惹かれながらも、きっちりトレーニングです。

まずは、最近リハビリに導入されだした Romanian Dead Lifts 。よく言われるのが頭から足までが一本の棒になったつもりで…ということなのですが、頭が前傾すると自然に背筋も曲がり、『へ』の字に曲がった姿勢で行うことになります。なので、ここでは『視線は常に前!』を意識してみました。患側の方がしっかりと体を支えられているのを、独り悔しがるところが、重要なポイントです。

 

続いてこちら、 Landing Squats 。一段高いところから降りるという手もあります。むしろそちらの方が、段階としては早期でしょうね。こういう平坦なところでは高いところがないので、必然的に…

screenshot_2016-09-06-08-30-42_1.jpg

跳躍しないと行けませんが…。
リハビリ担当からは『まだ跳ばないでくれ』と言い含められているはずです…。

image

そして最後に Jump Squat 。Landing Squats との区別が画像では解りにくいですが、共通項はどちらも着地メインのリハビリだということです。Jumpの方がSquat毎に跳躍するので、大きく高くなる。当然、毎回の跳躍制御、着地制御は難しくなるということです。
繰り返しますが、リハビリ担当からは『まだ跳ばないでくれ』と釘を刺されています。

この程度の活動にもかかわらず、音を上げる健常者が後を絶ちません。大変残念で心苦しいことですが、みなさんもっとリハビリしてください。